花、ひらくプロジェクトについて

『花、ひらくプロジェクト』は四国地域の女性起業家等支援ネットワークの名称です。
女性起業家等支援ネットワーク構築事業は、平成28年度から経済産業省が実施している事業で、平成29年度よりワークライフ・コラボが四国の代表機関となりました。
女性が「働くこと」を考えるとき、様々なライフイベントとの両立が課題の一つとなります。その働き方の選択肢として『起業』を考えている女性、あるいは『起業』を選択した女性がその歩みの中で迷わないよう、点在する支援機関をつなぎ、その成長に寄り添った支援ができるよう、平成32年度までにネットワークを構築するプロジェクトです。

【ヤブデマリ】というお花をシンボルマークに。
ヤブデマリの4枚の花びらを四国4県にみたてて、「各県が集まって一つの花になる」という意味が込められています。
ヤブデマリの花言葉は、「美しく年輪を重ねる」。起業を考えている、もしくは何かを始めたい・輝かせたいと思っている女性にぴったりのモチーフです。

 

花、ひらくプロジェクトが目指すサポーター概要図

起業を志す女性と支援機関を段階別にステージ分けをした概要図です。
はなひらプロジェクトでは起業を志す女性のステージとサポートする側の支援機関の得意分野や役割分担を見える化します。
それぞれのニーズにあわせた適切な窓口に繋ぎ、ステージに応じた支援をスムーズに受けられ、相談にきた女性が迷わないようネットワーク構築していきます。

 

わたしたちからのメッセージ

四国に住むすべての女性へ

新しい “ハ・ジ・マ・リ” …きっかけはココから

「仕事もしながら生活も大切にしたい!」
「今までの経験を生かしたい!」
「子育てや介護を両立したい!」
四国の女性のそんな想いがやがて “花、ひらく” ように、それぞれの夢に寄り添い、共に歩んでいきます。
働きたい気持ちはあるけど、どう働くべきか悩んでいる方、起業を計画中もしくは進行中だけど立ち止まっている方、起業はしてみたけど“壁”を感じている方、その課題について私たちと一緒に考えてみませんか?

 


四国で就労・起業・キャリア形成などを支援する方、女性起業家のみなさまへ

それぞれの“得意分野”をつないで、育てる

女性活躍推進が国策となり女性への期待が高まる中、私たちにできることはたくさんあると思います。
「起業」へとつながりそうな“夢”の発掘やきっかけづくりの場を提供する『掘り起し部隊』として、あるいは「起業」の実現にむけて具体的なノウハウを提供したりメンタル的なサポートをする『育成部隊』として、それぞれの得意分野を活かしてほしい場所があります。
起業のあらゆるステージに立つ女性がステップアップする中で“迷子”にならないよう、それぞれの段階でそれぞれができる支援をつなぎ、連携することで目標達成までの寄り添った支援をすることが重要です。四国の女性をもっと“元気”に、四国全体をもっと“元気”にするためにご賛同・ご協力いただける方を求めています。

※ネットワークへの参加登録についてはword書類をダウンロードして『花、ひらくプロジェクト事務局』へ郵送ください。
◆自治体用(以下2つの書類をご郵送ください)
情報シート(excelダウンロード)
構成機関登録用紙(wordダウンロード)

◆一般用(以下3つの書類をご郵送ください)
情報シート(excelダウンロード)
構成機関登録用紙(wordダウンロード)
反社会的勢力排除に関する誓約書(wordダウンロード)

全国10箇所で展開されている「女性起業家等支援ネットワーク構築事業」につきましてはコチラへ→
起業までのステップアップについては、上記サイトの「起業のいろは」もご覧ください。